手作りおんぶひも と 兵児帯おんぶひも専門店



おんぶひも工房オリジナル ポデギタイプおんぶひも

      <<販売商品は写真の物に「頭あて」が付きます。>>
☆おんぶは首がしっかり据わってからになさってください。

【使い方】

1.赤ちゃんの脇に掛けます。          2.背中に乗せ、ひもを前でばってんにします
  

3.ひもを後ろに持って行きます


4.赤ちゃんの足を内側でおんぶ
 ※足は十分に開いてあげると股関節への負担が少ないです。


5.前でしばります。


6.背あてを引っ張って、整えて完成です!

Dカンに通す手間がない分、組み合わせでお作りしているおんぶひもより簡単に背負えます。

【おすすめポイント】

背あての長さをお子さんに合わせて背負えるので、大きくなってもお使いいただけます。

日中、必要がなくなっても、緊急避難用に枕元に置いておかれるのもいいかもしれません。

オムツ替えマットや、ちょっとした肌掛けとしてもお使いいただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【おんぶすることの利点と製作者のつぶやき】

<<「おんぶひも での おんぶ」おすすめポイントは? >>

● 大好きなお父さんお母さんとピッタリくっつくことで、
  赤ちゃんはたくさんの安心(心の充電!)を得られます。
  (どんな経験の獲得も心の安定あってこそ!)

● 大人と同じ高い所から景色を見られることで、
  赤ちゃんの視界がグーンと広がります。
 (機嫌のいい時・家事をしていないときもおんぶしてあげてくださいね。)

● お父さんお母さんと同じ目線で ”見て・聞いて・感じる” ことで、
  日常の動作をたっぷりインプットできます。
 (お料理、お掃除はこんな感じ。
  「こんにちは!」と言いながらお辞儀するんだぁ。などなど。)

● 同じものを見ながらお話しをすることで、
  「お父さんお母さんの”思い”を赤ちゃんに伝えられる
  「赤ちゃんの思いにも共感することができる
 (初めは大人のひとり言の様になったとしても、見えている景色について、
  今している作業についてなどなど たくさん話しかけて下さい。)


  おんぶひもは「家事ができて楽な道具」というだけではなく、
  お父さんお母さんの積極的な話しかけによっては、
  赤ちゃんとの「コミニュケーションの道具」です。
  おんぶの時間が「立派な学習時間」にだってなるんです!
  出来事や思いを共有することは、子育てする中でとても大切なことで
  子育ての醍醐味と言ってもいいのではないでしょうか!




<<昔ながらのおんぶひも・兵児帯 の 利点>>

・ 足元が見えるので、転倒の危険性が減ります。
・ 両手が使えて作業がはかどります。
・ 赤ちゃんを脇から支え、背中とお尻をすっぽりつつみ密着しているので、
  安定感があります。
・ 背が伸びても長く使えます。
・ ひもの長ささえとどけば、使う方の体型、赤ちゃんの成長によらず
  お使いいただけます。
・ 何よりも、赤ちゃんは楽しく気持ちよく、自分は楽です。




 <<おんぶひも工房 の 気持ち>>

 ■ 長い子育てのうち、2年間程の今しか出来ないおんぶ。
   自分のお気に入りのかわいいおんぶひもを使って
   重たーい我が子を、少しでもうきうき軽い気分で背負って
   いただきたいです!

 ■ 昔の知恵を見直し、便利で安全なおんぶひも人口を
   回復させたいです。流行に左右されずずっと長くある
   ということは、本当にいい物ということだと思います。

 ■ 特に他社のおんぶ、だっこキャリーが合わなくて、「肩こり」
   「腰痛」でお悩みの方は一度試していただきたいです。
    (私はだっこだっこで腰痛でしたがおんぶに替えてから治りました)